酒商熊澤のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS この上なき華と、神戸一美味しいかき氷。

<<   作成日時 : 2014/06/02 18:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

タチノミ部にゲスト日本酒入荷です。

これは熊澤の取り扱い蔵ではないのですが、熊店主の大ファンの蔵のうちの一つでもあります。
どうしても味をみたくて、いつもお世話になっている、大阪の大先輩のお店から入れさせていただきました。

油長酒造さんの、
『ALPHA 風の森 TYPE2 この上なき華 秋津穂 二割二分磨き』です。


画像



風の森といえば、低精白で旨い酒を造る代表のような蔵です。
それが22%精米!!!

高精白の酒で、あまりピンとくるものが今まであまり無かったのですが、いやもう、これは体験してもらうしかないです。
高精白ながら米の旨みは間違いなく風の森のもの。
しかしこの余韻のキレ方、なめらかさ、そしてこの香り!

すごいなあ、油長さん。

ゲスト酒なので、入荷はたった2本です。
今日よりオンリストしております。
できれば、普段から風の森ファンの方にこそ、体験していただけたらなあと思います。
これを最初に風の森として呑むのは何か違う。
低精白のレギュラーの酒の旨さを知っていてかつ、これを飲んでいただくと、どちらにも感動しきりかも。

どうぞ、お早めに。




実は、10年近く前、油長酒造さんを初めて紹介してくれたのが、日本で初めての梅酒ソムリエである、友人の金谷優氏。
大宋さんと、油長さんを紹介してくれて、あまりに熱い酒屋店主が素敵だなあと思ったのですが、濱田屋さんや原酒店さん、大宋さんはじめとする、熱くて酒を愛する店主がいらっしゃったからこそ、憧れが育ち、今の私がいるのだと思います。
(ちなみにワインはやっぱりランスさんとジェロボアムさんでしょうか、神戸なら)

で、そんな梅酒ソムリエの金谷さんと、日本茶専門カフェの一日さんのコラボかき氷を先日いただいてきました。
あまりに素晴らしい香りに悶絶。
これを単なるかき氷と呼んでいいのか。
果実味あふれるいちご氷もたまりません。

画像
画像



ひとひさんのかき氷は、温度管理を細かくされているので、冷えすぎておらず、ほわっと口どけします。
だから、なんと頭痛くならないんです!!
さすがに口の中は冷えますが・・・。笑

でも二人でこの高さのかき氷をぺろっと完食。


ひとひのオーナーさんと梅酒ソムリエの金谷さんは、熊澤オープン当時、本当に本当にたくさんのお客様を紹介してくださいました。
今の常連さんの何人かは、お二人によってもたらされた方々。

先日、あるオーセンティックバーのオーナーさんも久しぶりに様子を見に来てくださったのですが、
その方にもたくさんお客様を紹介いただいたことを思い返し、
色んな先輩や友人たちに、支えられて今があるなあと、思い返したばかりの週末です。


そんなこんなで、私がお世話になった話は全く関係なく(笑)
ひとひのかき氷の美味しさ、繊細さは、絶対体験の価値があります。
ぜひ涼を求めて、機会があれば、一度、摂津本山に降りてみてくださいね。


http://blog.livedoor.jp/hitohi/

http://hitohi.jp/shop.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
この上なき華と、神戸一美味しいかき氷。 酒商熊澤のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる